読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘラクレセドランにホルードを加えたPTのあれこれ

どうもとーきと申します。 

レーティングバトルとしましては、XYのS1からORASのS17(実際はS18)まで続いた6世代でしたが皆様はどうレートをお楽しみましたでしょうか。

 

僕個人としてはS2の時期に見かけた、とある人のPTを参考にし、またとても愛着がついたポケモンを見つけ、客観的に見るととてもアホらしい縛りのような感覚でS2からS17まで同じポケモンと軸を使い続け高レートを目指すというスタンスでレートを楽しみ貫きました。

 

今回書かせてもらう内容はその愛着がついたポケモンと軸を使ったPTの総まとめとなります。

自己満足のような記事ですのでお暇でしたら読んでいただけると幸いでございます。

 

 

 ちなみに僕の最高最終レートはS8の2237でございます。2237でございます。ありがとうございます。2237でございます

f:id:to-kipoke:20161008231555p:plain

 

さて本題となる愛着がついたポケモンですが

f:id:to-kipoke:20161008195544g:plainホルードでございます。

ノーマル/地面タイプであり種族値はご覧の通り 

H85  A56  B77  C50 D77  S78  特性は物理技の威力が2倍になるちからもちでございます。

他にほおぶくろものひろい等もありますが高レートを目指す上では実用的ではございません。

 

 

続きましてですが

f:id:to-kipoke:20161008200318p:plainf:id:to-kipoke:20161008200343p:plainf:id:to-kipoke:20161008201045p:plain

 

 

言わずと知れた4世代以降から相性補完等が素晴らしいと評価されているらしいクレセリアヒードラン

 

そこにポケモンスタジアムの頃から活躍し、6世代でメガシンカを会得したヘラクロス殿を加えた通称

 

ヘラクレセドランでございます。この軸では基本的にメガヘラクロスが採用されます。(以下ヘラクロス)

 

ホルードヘラレセドランを組み合わせるとどういった利点があるのか、同じ地面タイプの大正義ガブリアス様や豊穣の神ランドロス様ではいけないのか等々意見がございますでしょうが、順次説明させていただきます。

 

 

ホルードの利点に関して

 

 

ヘラクロスが苦手なポケモンは沢山いますが、代表的に挙げられるのがギルガルドでございます。

シールドフォルムギルガルドには、ヘラクロスのメインウェポンであるインファイトやミサイルばり、ロックブラストやタネマシンガン等が半減以下になってしまい太刀打ちができない状況が多くございます。

解決策としてはじしんの搭載等がございますが、技スペースの取り合いが激しいので搭載するのは容易でははありません。

 

そこでホルードおじさんの出番でございます。

 

ノーマルタイプを持ち合わせているのでギルガルドシャドーボールかげうちを無効化できるのですが、せいなるつるぎは効果抜群となってしまいます。

 

しかし火力をご覧あれ

 

いじっぱりA252ホルードでH252シールドフォルムギルガルドじしんをした場合

攻: ホルード Lv.50
防: ギルガルド Lv.50
ダメージ: 158~188
割合: 94.6%~112.5%
回数: 乱数1発 (75%)

 

素晴らしいですね、75%の確率でギルガルドをぶち抜けます。高確率で倒せるからなんだ、ランドロスガブリアスのほうが汎用性が高いだろうと指摘がありますでしょうが、僕個人としてはこれが魅力的に感じました。

 

参考までにいじっぱりA252ガブリアスといじっぱりA252ランドロスじしんをした場合

 

攻: ガブリアス Lv.50       攻: ランドロス霊獣 Lv.50
防: ギルガルド Lv.50       防: ギルガルド Lv.50
ダメージ: 134~158       ダメージ: 144~170
割合: 80.2%~94.6%      割合: 86.2%~101.7%
回数: 確定2発          回数: 乱数1発 (12.5%)

 

 

  • 先制技や素の火力の高さ

でんこうせっかをタイプ一致で使える事もまた魅力的に感じました。これもまたガブリアスランドロスにない差別化で重要なポイントでございます。

 

さらにおんがえしの火力も魅力的でございます。

語彙力を持ち合わせていませんので語れることが少ないです。とにかくヤバイのでございます。

 

 

  • 見た目

ここは読み飛ばしていただいても構いません。僕個人のホルードおじさんの好ましい姿はボールから飛び出した後、大きな片耳と両足で着地する三点着陸の姿でございます。まだまだございますが、省略させていただきます。

 

 

 

 

さてホルードおじさんについて長々と語らさせていただきましたが、本題のPT紹介でございます。

 

S2からS17までこの型と並びを使用しておりました。ご覧くださいませ

型がいくつかある場合、その型ごとの詳細を記載しております。

 

 

 

 

f:id:to-kipoke:20161008195544g:plain

ホルードきあいのタスキ ちからもち

おんがえし  じしん  がんせきふうじ  でんこうせっか

いじっぱり  H4 A252 S252 

 

f:id:to-kipoke:20161008200318p:plain

ヘラクロス@メガ石    こんじょう→スキルリンク

ミサイルばり  ロックブラスト  タネマシンガン  じしん

いじっぱり   H252 A252 S4

 

ヘラクロス@メガ石    こんじょう→スキルリンク

ミサイルばり  インファイト  ロックブラスト  タネマシンガン

わんぱく    H220 A28 B164 D4 S92

 

 

f:id:to-kipoke:20161008200343p:plain

クレセリアゴツゴツメット   ふゆう

れいとうビーム  でんじは  トリックルーム  みかづきのまい

ずぶとい     H252 B252

 

 

f:id:to-kipoke:20161008201045p:plain

ヒードラン@たべのこし      もらいび

ふんえん  どくどく  みがわり  まもる

おくびょう    H212 D44 S252

 

ヒードラン@たつじんのおび    もらいび

オーバーヒート  だいちのちから  げんしのちから  おにび

おくびょう    H182 B4 C60 D12 S252

 

以上僕が使用し続けた型と並びでございます。

 

ヘラクロスはS13以降はHAいじっぱり型からHBベースのわんぱく型に変更していました。

理由としましては

 

①ひみつのちからガルーラの増加

 ひみつのちからは非接触の物理技で3割の確率で相手を麻痺にさせてしまうという協力な技で、これを搭載したガルーラゴツメクレセリアでは処理をすることができません。

すてみタックルも一定数いましたので、ならばということでガルーラのいじっぱりねこだましすてみタックル耐え調整のHBベースのわんぱくヘラクロスを使用することにしました。

 

ヘラクロスミラー

 ヘラクレセドランヘラクロスが苦手なのです。これもまた一定数いる最速ヘラクロスにはヒードランは上から倒されてしまったり、HAいじっぱり型のヘラクロスはミラーで負けてしまいます。

しかしHBベースのわんぱくヘラクロスならばようきヘラクロス等はミラーの場合高確率で勝てます。

 

 

ヒードランどくまも型からたつじんのおび型に変更しています。

はっきり申しますと、どくまも型ではヘラクロスの天敵であるファイアローには勝つことができません。そこでげんしのちからを搭載し、アグレッシブにしたたつじんのおび型に変更いたしました。

おにびを搭載しているのは個人的にオサレだと思いました。

 

 

 

さて基本的にこの4匹を絶対にPTに採用し、残りの2匹をその時期の環境次第で変更するというスタンスでした。

残り2匹の採用条件としましては

ボーマンダに勝てること

キノガッサに勝てること

ゲンガーに勝てること

④受けループに強いこと

⑤相手のSをさげるために相手を麻痺状態にできること 

等々、以上のような事に重きをおいております。

 

 

さて残りはその残り2匹の枠に採用していたポケモン達のご紹介でございます。

 

 

f:id:to-kipoke:20161008223235p:plain

ゲンガー@メガ石    ふゆう→かげふみ

シャドーボール  こごえるかぜ  ちょうはつ  みちづれ

おくびょう    H4 C252 S252

この御方はPTに重すぎるポケモンみちづれで葬ってもらったり、受けルグライオンをうまいことキャッチして倒すためや、ガブリアスボーマンダに強いので採用していました。

ちょうはつを入れていると便利な場面が多くオサレ度も高いですね。高くありませんか?

 

f:id:to-kipoke:20161008224355g:plain

ジャローダ@たべのこし   あまのじゃく

リーフストーム  めざめるパワー炎  へびにらみ  みがわり

おくびょう    H84   C172  D4  S248

この蛇殿はへびにらみで相手を麻痺にし、ヘラクロスのサポートをするという役割もあるのですが、なんといっても運が良ければ1匹で受けルを壊滅させれます。

みがわりをはり、へびにらみで麻痺バグを狙い、リーフストームで火力を底上げする。この御方1匹で終了する試合も多かったです。

NNはダニエル・アウベスでございます。僕が好きなサッカー選手のお名前を拝借させていただきました。

 

 

f:id:to-kipoke:20161008225459g:plain

ボルトロス@オボンのみ   いたずらごころ

10まんボルト  めざめるパワー  くさむすび でんじは

おくびょう    H4  C252  S252

続きまして素敵な髭の空飛ぶおじさまでございます。

この御方は言わずもがな、いたずらごころで変化技を先制で打てるという素晴らしい、はたまた憎たらしい特性の持ち主でございます。

この特性のお陰ででんじはを安定してうてるので、ヘラクロスのサポートとしてはとても優秀です。

さらにくさむすびを搭載することにより、ボーマンダ マンムー スイクンの3匹で構成された、マンマンスイという卑猥な通称の並びにも強くでれるのでございます。

ちなみに1年間厳選が終わらず結局B-2 D-3という妥協個体になりました。

 

f:id:to-kipoke:20161008230529g:plain

オーロット@オボンのみ   しゅうかく

やどりぎのたね  みがわり  のろい  まもる

ずぶとい     H252  B252  D4

このお方様は2200に行った時にお供していただいたお方でございます。

S8の頃はボーマンダの数も多くなく、キノガッサが多い時期でございました。そのためにこの御方がある程度のお活躍をしてくれました。

ナットレイ様のように皆様に嫌われてないのがいいですね。

 

 

f:id:to-kipoke:20161008230541g:plain

ゲッコウガ@いのちのたま   へんげんじざい

あくのはどう  れいとうビーム  がんせきふうじ  めざめるパワー飛行

おくびょう   H4 C252 S252

男性のあこがれ、忍者様でございます。

さいみんじゅつゲンガーの急増、ボーマンダの対処、さらにヘラクロスを倒すために参上した御方でございます。

言わずもがな強いの一言でございます。ウルガモスリザードンYといったヘラクレセランに重いポケモンへの打点です。性格が臆病でAに下降補正が入っていますが、いのちのたまのおかげで相当耐久に振られて居ない限り確定1発で倒せますのでご安心ください。

 

 

f:id:to-kipoke:20161008235129g:plain

カメックス@メガ石   げきりゅう→メガランチャー

しおふき  れいとうビーム  はどうだん  アクアジェット

ひかえめ      H228 A12 B4 C244 D20

亀様でございます。実質的に最終シーズンとなったS17はこの御方を使い続けました。

とある人のカメックスをパクらせてもらった型なのですが、この御方の魅力的な部分はしおふきでございます。しおふきとは自身の残りHPが少ないほど威力が落ちる技なのですが、HP満タンならば威力150でございます。

しおふきを搭載している時点でオサレなのですが、しおふきはなんとH252メガクチートHPが減っていない状態のカメックスならば高乱数1発で落とせてしまうのです。

ちなみにちゃんとAの個体値もVでないとアクアジェットの火力が絶望的に弱すぎるので是非とも6Vでご使用くださいませ。

 

ネタ枠 

僕と本人達は至って真剣なのですが、客観的に見るとネタネタと罵声を浴びせられる方々でございます。

 

f:id:to-kipoke:20161009000739p:plain

ローブシン@バコウ    こんじょう

ドレインパンチ  かみなりパンチ  はたきおとす  マッハパンチ

いじっぱり    H252 A252 B4

ファイアローが重すぎたので飛行タイプの技を半減にするバコウの実を持たせていました。

弱かったですが意表を突くのが楽しいので、一度お使いになってみてはいかがでしょうか。

 

f:id:to-kipoke:20161008235130g:plain

レントラー@オボンのみ  いかく

ボルトチェンジ  でんじは  めざめるパワー氷  ばかぢから

のんき    H252 B252 D4

最後にご紹介、見た目はイケメン みんなだいすきレントラーでございます。

この御方は僕がボルトロス様の厳選が終わらないということで、その間に参上してくださったポケモンでございます。

でんじはを使え、ボーマンダに強いのでは?と採用したのですが火力がないのでボーマンダを倒せません。

見た目はオサレ度がお高いし、この御方を連れてレートが2000以上になればそれこそオサレだと思ったのですが僕の実力では夢のまた夢でした。是非ともどなたか使ってみては。

 

 

おわり

さて、XYからORASの最後まで使い続けてきたPTとポケモン達の紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。

僕個人の6世代の感想としてはガルーラすげえの一言です。

ガルーラを対策していないPTはほぼいなかったのではないでしょうか、7世代ではひみつのちからが弱体化されることをお祈りしております。

しかしホルードという見た目もキューティなポケモンにも出会え、一度のみですが最終1ページ目に名を残せるという事ができましたので6世代は満足でございます。

 

7世代ではどんなポケモンやレート環境になるのか想像がつきませんがとても楽しみです。

 

以上、ここまで読んでくださりありがとうございました。